慶應義塾体育会射撃部では、全部員が銃砲刀剣類所持等取締法に基づき各都道府県公安員会より所持許可を受けた銃および、

 火薬類取締法に基づき各都道府県公安委員会より譲受許可を受けた弾薬を使用し競技に参加しています。

 

全部員は警察庁ならびに警視庁・各都道府県警察署の指導と日本ライフル射撃連盟の「銃器安全規定」(PDF形式)を熟知・徹底し、

銃器および弾薬を厳重に使用・管理・保管しています。

 

全部員は銃砲刀剣類所持等取締法で定められた「初心者講習会」を受講・合格することのみならず、

部内において銃砲関係の法律や管理方法の勉強会を行い、銃器および弾薬に関する知識を共有・徹底しています。

 

日本学生ライフル射撃連盟ならびに慶應義塾体育会射撃部では過去1度も重大事故が発生したことがありませんが、

各種法律を遵守し、安全管理や保管に関しては細心の注意を払って活動しています。

 

 

ライフル射撃では銃器・弾薬を使用しますが、厳重な安全管理と保管を怠らなければ決して危険なスポーツではありません。

身体的接触や激しい動作のないむしろ最も安全なスポーツのうちの1つとして、老若男女問わず楽しむことができる素晴らしいスポーツであると認識しています。