射撃とは?

日本でも相応な目的があれば、法律に基づいて銃を所持することができます。

その中で、私達が行っているライフル射撃は動物を撃ったり(狩猟)、飛んでくる皿を撃ったり(クレー)するものではありません。 静止した標的を撃ってその点数を競うスポーツを指します。

ライフル射撃の歴史は長く、近代オリンピックには最初からある種目です。

大学からでもトップレベルが狙えます

大学射撃では空気銃のARと火薬を使って弾を発射するライフル銃のSBという二つの種目があります。

ARは高校生から始めている射手もいるため経験者が強い感は否めませんが、それでも大学から始めて短期間にトップレベルに達した射手は少なくありません。
またSBRに関しては大学生から始めるのでなおさらです。


AR標的 (AR競技では10m先に設置)
黒点の直径は30.5mm
中心の10点圏の直径は0.5mm


Air Rifle

絶対的な体力が必要な競技ではありません

ライフル射撃は、4kg~7kgの銃を微動だにしないように構えて撃つ、そしてそれを40回~120回繰り返す競技です。
単に銃をその回数撃つだけであれば、射撃練習以外のトレーニングは行わなくても可能です。

一方、射撃部では、射撃練習以外に、体幹の強化と心肺機能向上に特化したトレーニングを行っております。
体幹及び心肺機能を引き上げることにより、銃を構えた時のスタンスの安定度を高め、また狙いを定めてから引き金を引く間の呼吸や心臓の鼓動による銃の揺れを小さくするために行っているものです。つまり、相対的に自分の体幹と心肺機能の水準を引き上げることにより、自分のスコアを引き上げることを狙っています。

「絶対的な体力が無いと勝てない競技」ではありません。


Air Rifle and its bullet

学業優先

私たちは大学生。当然、学業をおろそかにしてはいけません。テスト前・テスト中は完全にオフになります。

FAQ

射撃と聞いて一番先にこう質問する人もいるでしょう。 銃を扱うのだから危険に違いないと…。
しかし学生射撃においては戦後一度も重大事故は発生していないそうです。 これは射撃をする学生が安全配慮に細心の注意を払っていることの証拠です。
また、実際に火薬を使うSBを所持することに本人もしくは家族が抵抗を感じる場合、空気の圧力で弾を飛ばす空気銃(AR)を専門にして4年間続けることも可能です。

まず銃は基本的に先輩から譲渡されるシステムになっています。
その他に自分にとって必要なものも段階的に手に入れればいいので、入部したとたん必要な装備一式購入するようなことはありません。また、必要な装備を先輩からの譲渡で済ますことも可能です。
(実際、装備品をすべてもらい物で済ませて卒業していった人もいます)
ARの練習は、日吉キャンパス内の射撃場で行います。(詳しい地図はこちら)
SBは、シミュレータを利用した練習は日吉で行い、実射練習は神奈川県伊勢原射撃場、千葉県総合スポーツセンター射撃場、埼玉県長瀞射撃場等で行います。
また、2020年3月には、建て替えられる日吉記念の館地下にSB射撃場が出来る予定であり、SBの実射練習も日吉で行えることになります。 詳しくは、こちらのページをご覧ください。
試合は、埼玉県長瀞射撃場、神奈川県伊勢原射撃場等で行います。